むくみを放置していると肥満の原因になります。ラシックスはそんなむくみを解消してくれる薬です。

ラシックスでむくみとサヨナラ

ラシックスとは

ラシックスとは ラシックスは、アベンティスファーマー社が開発した、利尿剤の代表的な薬とされています。

ループ利尿薬に分類されてるお薬なのですが、存在する利尿効果ができる期待できる薬のなかでは強力な部類に入ります。ヘレンのループ上行脚と呼ばれるものに作用し、水分が再び吸収されるのを阻止し、そして、尿の量を増やすことからそう呼ばれています。多くの方が悩む、むくみを解消するための薬として使われています。

ラシックスの効果
服用してから30分程度で、利尿作用が出てきます。2時間ほど利尿効果が続き、二日酔い時のむくみにも効果的です。効果は大体6時間から8時間と言われています。効果時間が短いため、服用後の調整がとりやすいです。

元々は腎臓に作用して、余分な水分やナトリウムを排泄させ、血圧を下げたりする効果がありました。それが、高血圧症、尿結石の排出の助け、悪性高血圧、腎性浮腫、の治療薬として用いられてました。ところが、余分な水分を排出してむくみを取ってくれるとのことなので、最近ではダイエットや生理時のむくみなどで服用する方が増えてます。

使用方法として、1日1錠~2錠を水、またはぬるま湯で服用します。毎日服用することで体質を改善することも望めます。ただし、利尿剤ですので尿の回数が非常に多くなります。

ラシックス服用の注意点
ラシックス服用の注意点 睡眠前や車に乗るとき、移動時など頻繁にトイレに行けない状況のときは服用を避けたほうがよいです。また妊娠中の服用ですが、妊娠性の高血圧等でむくみがひどい時、医師から処方される場合があります。しかし様々な副作用もありますので、妊娠中は普段より注意して服用しなければいけません。妊娠初期に、治療上の有益性が危険性を上回ると判断した時のみ投与するとされてます。その為、妊娠中期や後期、出産後などは母乳の心配もあるので避けたほうがよいでしょう。

ラシックスを拭くようすることで尿を排出する回数が増えますので、そのぶん体の中のカリウムやナトリウムも排出されてしまいます。塩分が原因のむくみを改善した場合にはかなりお勧めですが、もともと体の中のカリウムやナトリウムが少ない方はあまりお勧めできません。

ラシックスでむくみ解消
今ではネット販売で購入することも可能です。非常に手軽に購入することができます。しかしダイエットをしたいからといって大量に飲むということがないようにしてください。必要以上に水分が排出されて危険な状態になってしまうこともありえます。用法、用量は必ず守って服用するようにしてください。

ラシックスは、むくみ取りとしてはかなり期待できる薬になります。むくみにお悩みの方は是非使用してみてください。しかし根本的な解決にはなりません。むくみの原因を取り除くことや日頃からむくみ解消に効果的な運動等を行うなど生活改善も合わせて行うとよいのではないでしょうか。

ラシックスでむくみ取り
ラシックスのフロセミド成分がむくみ取りに効果的

ラシックスでむくみ取り

むくみ取りラシックス ラシックスは主に服用する治療薬になります。高血圧症や、心不全な度の治療にも処方されます。ループ利尿薬とされており、その中でも代表的な利尿剤となってます。

ラシックスを服用することで、腎臓に働きをかけて、ナトリウムなどの吸収を抑制させ、尿によって体から排出させてくれます。体内にある余分なものを尿と一緒に排出させてくれるのです。

服用し尿を排出することで、むくんでいた体がすっきりして太くなっていた足が細くなるのです。多くの女性がむくみで悩んでおり、この薬をダイエット目的で服用しています。しかし病院ではダイエット目的としてラシックスを処方してはくれません。むくみがつらくて歩くのも大変な場合は処方してもらうことも可能です。

長時間座ったままや、逆に立ったままでいると、足がむくんでぱんぱんになることがあります。これは体の余分な水分が皮下の下にたまってしまい、そしてそのままむくみが取れなくなってしまう場合もあります。

むくみは病気のサイン
むくみが起こる場合で気をつけなくてはいけないのは、臓器に問題があるかもしれないということです。その為、むくみは病気のサインでもあります。重症の腎臓病の場合、全く尿が排出されなくなります。それなのに水分を取っていれば体中がむくんでいくのは当たり前になります。腎不全などの場合もありますので、全く尿がでないなど重要な疾患の場合は必ず、病院へなどで診断してもらうようにしましょう。

体がむくんでしまいますと、もちろん太って見えるのもありますが、歩きにくといった症状も出てしまいます。また、見えるとこだけだといいのです、内臓などがむくんでいると、内臓が働いてくれなくなりますので命に係わる場合もあります。

体の状態が悪いだけではなく、ストレスからくるむくみや、ホルモンバランス的なむくみもあります。体から排出しなきゃいけないものが体の中にたまってしまいますと、やはり日常生活に支障をきたしてしまいます。

むくみ取りのラシックス
むくみ取りのラシックス そこでラシックスの登場です。
このラシックスは、むくみ取りとして使われる薬の中では超えるものがいないというくらい、立場が確立しているお薬になります。服用することで、余分な水分を尿として体の外に出してくれます。そうしてむくみをなくしてくれるので、体は楽になり、太くなっていた部分や顔周りもスッキリして見えてきます。

勘違いをしないでほしいのは、水分が排出されることで体重は減りますが、脂肪分がなくなってるわけではないのでそこは間違えないようにしましょう。尿の回数が通常時よりも増えますので、服用する場合は寝る前は避けるようにし、なるべく午前中に服用することをお勧めします。

ラシックスでむくみ取り
ラシックスのフロセミド成分がむくみ取りに効果的

むくみと肥満

むくみと肥満 女性を悩ますむくみ
むくみは女性にとって厄介な悩みの1つです。一日が終わる頃には足がパンパンになっていてたり、指輪がきつくなったりと経験をお持ちの方も多いはずです。夏場はヒール、冬はブーツを履くことで特にむくみもひどくなります。営業職で歩き回るの方や一日中座りっぱなしの事務職の方もむくみます。

むくみの種類
むくみには一過性のものと慢性的なものがあります。一過性のものは、冷え性であったり、食生活で塩分を取り過ぎていたり、運動不足、長時間座りっぱなしなどが主な原因としてあげられます。慢性的なものは、肝臓、心臓などに何かしらの障害がある場合に起こります。

むくみが起こる原因
そもそもむくみとはなぜ起こるのでしょうか。むくみのメカニズムをご紹介します。私たちの身体は、心臓をポンプとして体内を水が循環しています。それがスムーズに流れずに余分な水分が溜まってしまうことでむくみとなってしまうのです。

塩分の取り過ぎによって血液中の水分が増加しすぎてしまい、その結果水分が溜まってむくみになることもあります。また、運動不足によってポンプの役割をする筋肉が衰えてしまい足に水が溜まることもあります。

むくみと肥満の関係
むくみと肥満の関係 またむくみと肥満は関係があります。
むくみを放置していると、代謝機能が低下して、食べた物をエネルギーに変えにくくなります。そうなると脂肪となり体内に蓄積されてしまうのです。

つまりは、太りやすい体型に変わってしまいます。特に女性にとって肥満は大きな問題です。その原因の一つにむくみもあったのです。


むくみの解消方法
自宅で簡単にできるむくみ解消として、マッサージやストレッチがあります。血液の流れを良くする事でむくみ改善が期待できます。また、食事を改善することも効果的です。塩分の排出を促すカリウム、利用作用のあるサポニン、血液をさらさらにするポリフェノールやビタミンB6などを摂る事でむくみを解消しやすくなります。その他にも薬を利用する方法もあります。

ラシックスでむくみ取り
ラシックスのフロセミド成分がむくみ取りに効果的

top