むくみは様々なことが原因で起こります。また、病気の前触れの場合もあるので注意が必要です。

ラシックスでむくみとサヨナラ

むくみの原因とは?

むくみの原因とは? ただ一言でむくみといっても顔が丸くなったり、足が太くなったり、一見すると太った様にも見えます。肥満とむくみはその原因が異なりますが、関係が全くない訳ではありません。むくむと血液の循環が悪くなっているので代謝力が低下してしまうので、食べた物がエネルギーに変わりにくくなってしまい太りやすくなってしまいます。

また、同じ体勢を取り続けなければならない人や最近ではスマホに夢中で同じ体勢が長時間続いてしまう事で起こり易くなるとも言われています。「顔にでるものと足に出るのでは何か違うの?」と思うかも知れませんが原因はどちらも同じです。体から排泄されずに体内に残った水分や塩分によって顔や足にむくみが起こる様になります。

同じ原因ですが、これを病気の観点からみると顔は「腎臓」や「肝臓」、足は「心臓」の機能が悪くなっていると考えられています。一時的なむくみ程度であれば軽い運動や水をたくさん摂ることで解消されますが、実は自覚症状の出にくい臓器の機能が低下してると慢性的に起こる様にもなります。

慢性的なむくみ
慢性的なむくみ 慢性的になると数日で体重にも大きな変化が見られる様になり、3~4日というたった数日で10キロも変わると言われています。
夕方から夜にかけてむくんだ状態となり、翌朝にはむくんでいなければ一時的と言えますが、それでも取れていない場合には病気になっている可能性も大いに考えられます。

以下の事に幾つも当てはまるのであれば医師に相談した方が良いかも知れません。

・一日中、むくんだ状態が続いている
・何日も続いている
・急に体重が増加した
・顔ないしまぶたなどがむくむ
・尿の出が悪く、トイレにいく回数が減っている
・階段や坂道で息切れを起こす

起こる病気
起こる病気 【心臓病】
心臓が弱わることで全身の血流が低下するので肺に余分な水分が溜まりやすくなってしまい、息切れを直ぐに起こす様にもなり足がむくみ易くなります。

【甲状腺機能低下症】
この病気は女性に特に多いです。
初期症状としてむくみが見られますが、二次的に心不全を招いてしまいます。年齢で言えば中高年層の方に多いので命に関わる病気なだけに、この病気の可能性を忘れることはいけません。


【肝臓病、腎臓病】
血液内のタンパク質が少なくなることで起こると言われ、腎臓は尿によって過剰に排泄され、肝臓は合成する機能が低下する事によって顔や足がむくみ易くなるとされます。


top