女性は生理中は特にむくみやすくなりますが、生活を見直すだけで改善されることもあります。

ラシックスでむくみとサヨナラ

生理とむくみの関係

生理が起こる時にむくみがひどくなってしまい悩んでいる人は多いです。
足がパンパンになってしまったり、胸に張りが現れ痛かったり。人によっては体重が増えてしまうので気持ちも憂鬱ですよね。

同じむくみでも生理のむくみは女性特有の悩みになります。
はじめて生理を迎える思春期~50代を過ぎてから閉経するまでこの悩みはつきることがありません。

生理中はむくみやすいの?
生理中はむくみやすいの? むくんでしまう原因は女性の生理周期にあると言われていて、排卵が起こった後にプロゲストロンと呼ばれる黄体ホルモンが多く分泌される様になる体と考えられ、このホルモンは女性の体が妊娠の準備に入った際に体内に水分を溜め込む働きをするので、余分な水分まで多く取り込んでしまいます。水分が吸収されやすい状態に加えて、女性ホルモンの分泌が少なくなる事によって体温が下がり冷え体質になります。また、血行が悪くなることで代謝が悪くなってしまったりと更にむくみやすい状態になってしまいます。

PMS(月経前症候群)
PMS(月経前症候群) このPSMは生理前の数日から10日前後にかけて起こるとされる生理のトラブルで、体や精神症状が起きる様になる症候群です。「生理前の話だし、むくみとは関係ないんじゃないの?」と思う人も方もいるかも分かりませんが、実はこのPSMの体へ起こる症状として、

胸がはる、痛い
頭痛、腰痛
肌荒れ
むくみ

などがあり、これは体に起こる症状ですが精神症状としては、

・苛立ちやすくなる
・集中力が低下
・気分の落ち込み

などになり、むくみだけでも辛いのに精神面でも辛い状態が続きます。

これは頭の中に有る物質、β-エンドルフィンとセラトニンが低下する事が原因とされ、脳内の物質の影響から精神状態も不安定な状態となってしまいます。なので、生理前にむくみが辛いと感じている方は女性ホルモンではなく、PSMの影響の可能性が有ります。

特にむくみを感じやすい人の特徴
特にむくみを感じやすい人の特徴 女性によってはむくんだ状態が軽い方もいれば、生理前から生理が終わるまで辛いと感じる方もいます。特に辛いと感じやすい方は以下のタイプの様な方になります。

血行が悪く、冷え症
代謝が悪く、運動不足
ストレスが多い方
薄味の料理よりも濃い味を好む
アルコール類をたくさん飲んでしまう

1つでも当てはまっていれば、毎日の生活を少し見直してあげる事によって辛い状態を改善出来るかも知れません。

top